ホームページ作成素材 Cool Liberty > 素材利用上の注意

素材利用上の注意

当サイトの素材は無料でご利用いただけますが、いくつかのルールがあります。当サイトの素材をご利用の際は、必ず一度以下の項目をお読みください。

素材の著作権について

ホームページ作成素材 Cool Liberty に掲載されている全ての素材の著作権は ホームページ作成素材 Cool Liberty にあり、ダウンロードしてもこれは利用者に譲渡されるものではありません。複製・無断転載・二次配布などの心無い行為は絶対にしないでください。当サイトの利用規約に従い、許容された範囲内での利用をしてください。

ご利用規約

ホームページ作成素材 Cool Liberty の利用にあたっては、以下の利用規約に同意いただくことになります。規約の内容を十分ご理解いただき、利用に際しては、規約を必ず遵守するようお願いいたします。なお、ホームページ作成素材 Cool Liberty の素材をダウンロードされた時点で、利用規約に同意したとみなさせていただきますので、ご注意ください。

定義

1.本規約において「利用者」とは、インターネットサービス ホームページ作成素材 Cool Liberty が提供する、インターネットホームページの作成に用いる画像等の素材データ(以下「素材」といいます)を利用する者をいいます。

当事者

2.利用者(以下「甲」といいます)は本規約に表示される利用条件その他の記載に従って素材を利用するものとします。

素材利用の制限

3.甲は、ホームページ作成素材 Cool Liberty (以下「乙」といいます)の定める前条の利用制限に従ってのみ素材を使用することができます。

1)甲は、以下の方法により素材を利用することはできません。
わいせつな内容の画像・音声・文章等を含むホームページ等、その他公序良俗に反する内容を含むホームページ等での使用
他人(個人、団体を問いません)に対する誹謗、中傷又は脅迫その他の犯罪行為を目的とするホームページ等での使用
他人(個人、団体を問いません)に対する差別、偏見又は憎悪の助長を目的とするホームページ等での使用
違法な活動又はその助長を目的とするホームページ等での使用
他人の著作権を侵害する等違法な内容を含むホームページ等での使用
前5項に該当するホームページにリンクするホームページ等での使用
他人の著作権を侵害する等違法な態様での使用
その他、乙が不適当と認める態様での使用
2)甲は、別に定める場合及びその他の記載において許可された場合を除き、以下の方法により素材を利用することができません。
素材の無償での二次配布
素材の有償での二次配布
素材の直リンクでの使用
3)乙は、甲が前3項に違反していると認めるときは、甲に対し、以下の措置の一部又は全部をとることができます。
警告
当該素材を、甲のホームページから削除すること
甲のホームページの利用を停止すること
ホームページ作成素材 Cool Liberty を停止すること
損害賠償の請求
4)前項に定めるほか、乙は、その営業上又は技術上の要請により、いつでも甲に対する予告なくして、ホームページ作成素材 Cool Liberty の素材を使用しているホームページの利用を停止し、若しくは素材を甲のホームページから削除することができます。この場合、甲に生じた損害について、乙は一切の責任を負いません。

損害賠償責任

4.乙は、提供される素材について、何らの保証も行いません。甲の素材利用に起因又は関連して、甲がコンピュータシステム又はデータの損傷、第三者に対する損害賠償その他の損害を被った場合でも、乙は甲の損害を賠償する義務を負いません。また、甲の素材利用に起因又は関連して、第三者との間で紛争が生じた場合にも、乙は一切の責任を負いません。

1)甲による本規約の違反に起因又は関連して、乙、その関連会社、役員、従業員ないし受託者(以下、本条では総称して「乙」といいます)が素材提供者その他の第三者からクレームを受け、又は第三者と乙との間で紛争が生じた場合には、甲のみが責任をもって紛争解決にあたり、乙には一切の迷惑をかけないものとします。また、甲による本規約のいずれかの条項の違反に起因又は関連して、乙が損害(合理的な弁護士費用を含みます)を被った場合には、甲はかかる損害を賠償する義務を負うものとします。

サービスの停止

5.乙は、必要と認めるときは、甲に予告することなくいつでも ホームページ作成素材 Cool Liberty のサービスを停止することができます。この場合、甲に生じた損害について、乙は一切の責任を負いません。

情報の開示

6.乙は、甲が本規約に違反していると判断した場合、公的機関からの法令に基づく請求があった場合、甲の利用した情報が違法行為に用いられているか、又はそのおそれがあると判断した場合、その他相当と認める場合には、甲に関し乙の保有する一切の情報を第三者に開示することができます。

規約の優先

7.本規約の効力は、甲と乙との間で本規約外においてなされたあらゆる合意(書面、口頭その他いかなる方法によるかを問いません)に優先します。

規約の変更

8.乙は、甲に対する事前の予告なしに、いつでも本規約を変更することができます。甲は、変更された規約が乙のホームページに掲載された時点で、変更された規約に同意したものとみなします。

準拠法

9.本規約をめぐって紛争が生じた場合には、本規約のほか、日本国の法令にしたがって解決するものとします。

管轄

10.本規約をめぐる一切の紛争については、名古屋地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。